IRCを試してみる

今となってはあまり注目される機会の少ないツールですが、使うのはとっても簡単です。 サーバであるngIRCdと、クライアントであるPidginの使い方をごく簡単に書き残しておきます。

サーバを建てる

ngIRCdを使うとすぐにIRCサーバを建てられます。 インストール後、設定ファイルをざっと弄ってsystemctlでたちあげるだけです。

Debianの場合

$ sudo apt install ngircd
$ sudo vi /etc/ngircd/ngircd.conf
$ sudo systemctl --enable now ngircd

Arch Linuxの場合

$ sudo pacman -S ngircd
$ sudo vi /etc/ngircd.conf
$ sudo systemctl --enable now ngircd

これでサーバは建ちました。 必要に応じてufwでファイアウォールの設定をすると良いです。

$ sudo ufw allow 6667
$ sudo ufw reload

ufwの使い方の詳細はここにあるので、是非参考にしてみてください。


クライアントを使う

IRCサーバに接続するためのクライアントが必要です。 私はGUI環境ではPidgin、CLI環境ではIrssiを使っています。1

インストールと接続設定

$ sudo pacman -S pidgin

PidginはGUI環境のクライアントです。IRC以外にもいくつかのプロトコルに対応しています。2

AccountsAdd…から情報を追加するだけです。 Usernameは、なんでも良いです。 Passwordは、サーバに入るときのパスワードです。 ngircd.confで設定をしていなければ、ここは空です。

チャンネルの作成と入室

特に設定をしていなければ、だれでもチャンネルを作れる様になっているはずです。 BuddiesAdd Chat…を選択し、Channel#付きでチャンネル名を入力します。 例えば#welcomeと入れてAddボタンを押せば、そのようにチャンネルが作られるはずです。

チャンネル名をダブルクリックすることで入室できます。BuddiesJoin a Chat…からも可能です。


  1. おすすめのクライアントがあればぜひ教えてください ↩︎

  2. 例としてはXMPPがあります。プラグインにも対応しているので、例えばOff-the-Record Messagingプラグインを使ってOTR over XMPPを実現できたりします。 ↩︎